FC2ブログ

貧乏父さんのおぼえがき

豊かなセカンドライフを目指しての副業生活のおぼえがき

ジュニアNISAについて考える

ジュニアNISAを考える
 
今年から、ジュニアNISAが始まった。

この制度は、子供一人当たり年間80万円・期間5年、

即ち一人当たり最大400万円の投資枠が使用できて、

枠内での株式・株式投信などの収益への課税が免除される。

運用の管理は原則として親権者が行う。

大きな特徴として、ジュニアNISAでは、

子供が18歳になるまで資金を引き出せない。

5年終了後はNISAと同様のロールオーバーが出来るが、

2023年の制度終了後にもロールオーバー用の

「継続管理勘定」で子供が20歳になるまで

非課税運用を継続できる。

但し、NISAと同様、資産を売却すると節税枠は復活しない。

また、使用する金融機関は一度選んだら変更できない。

現時点では、NISAよりも流動性が小さく

長期投資をより強く意識した運用の仕組みだと言える。

400万円プラス運用益というジュニアNISAの資金枠は、

子供の学費に概ね丁度良いだろうと思い

子供の証券口座を作ってみたのだが

今だ、運用にいたらない

果たして使用するのだろうか



スポンサーサイト



  1. 2016/01/31(日) 20:23:33|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0

雪だ

雪だ

どうしよう
  1. 2016/01/18(月) 05:09:23|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ブログはじめました

ブログはじめました

よろしくお願いします


  1. 2016/01/12(火) 23:41:16|
  2. つぶやき
  3. | コメント:0